スポーツシューフィッター資格認定機関 一般社団法人 日本フットウェア技術協会

スポーツシューフィッター養成コース

講師紹介

講師紹介

深い専門知識を持った講師陣があなたにトップレベルの経験、知識、アイデアを提供します。

  • 山田 睦雄

    一般社団法人 日本フットウェア技術協会 会長医学博士/整形外科医

    • 医学博士(整形外科医、リハビリテーション専門医)
    • 日本体育協会公認スポーツドクター・障碍者スポーツドクター
    • 流通経済大学大学院 スポーツ健康科学研究科 教授

    所属・活動:World Rugby 医科学研究部門所属、メディカルエデュケーター
    専門分野:整形外科、スポーツリハビリテーション
    主たる研究:運動器リハビリテーションの機能評価

  • 間島 和志

    千葉県鴨川市 亀田総合病院入職後、入院での急性期リハビリテーションを担当。2005年より、同病院、スポーツ医科学センター リハビリ室主任。外来リハビリ全般、特にスポーツリハビリテーションとインソール制作を担当。2016年より株式会社アールアンドシー湘南 人材開発部長。

    • 一般社団法人 日本フットウェア技術協会 理事
    • 理学療法士
    • フランス シダス社認定 ポディアテックインソール成型技術者
  • 漆畑 俊哉

    筑波大学大学院 博士課程人間総合科学研究科修了。筑波学園病院リハビリテーション科、筑波技術大学保健科学部助教、つくば国際大学講師を経て、現在、青森県立保健大学理学療法学科講師。2003年より大学ラグビー選手を中心としたスポーツ外来およびインソール制作を担当。

    • 理学療法士、博士(体育科学)
    • フランス シダス社認定 ポディアテックインソール成型技術者
  • 磯野 知子

    株式会社幸和義肢研究所所属。義肢装具士として活動するとともにドイツ式フットケアを学び、勤務する幸和義肢研究所内にフットケアサロンを開設。 整形外科靴やインソールの製作等にも造詣が深い。

    • 義肢装具士・フスフレーガー
  • 大窪 伸太郎

    スポーツ障害の治療・予防に関する研究に従事し、中でもカスタムインソールの設計を専門としている。トップアスリートの測定やフットオーソティクス作製にも数多く携わり、カスタムメイドインソールの定量的な評価手法と標準化された製作手法の確立に取り組む。(株)アシックス スポーツ工学研究所を経て、現在広島国際大学総合リハビリテーション学部講師を務める。

    • 義肢装具士、健康科学修士
  • 藤原 岳久

    大手スポーツ用品ブランド数社で15年間の販売経験を積んだ後、ランニングシューズアドバイザーとして独立。顧客の走力や目的にあったシューズ選択やその使いこなし方のアドバイスに定評があり、シューズフィッティングに関する造詣が深い。

    • 一般社団法人 日本フットウェア技術協会理事
    • 藤原商会 代表
  • 長田 潤晴

    日本代表レベルのアスリート、実業団駅伝選手から高齢者、ジュニアまで幅広い層に施術や運動指導を実施。”正しい姿勢は足元から”をモットーに体のゆがみを整える施術、カスタムインソール成型、クライアントの運動特性に合ったシューズ選択に造詣が深い。2013年にRNP(ResetNaturalPosture)を設立して独立。2017年FootYard(フットヤード)に改称。

    • シダス社 認定インソール技術者
    • (社)日本フットウェア技術協会理事
  • 小谷野 洋道

    スポーツインソールと医療用インソールで欧州最大のシェアを持つ、フランスのインソールブランドシダスの日本法人である、シダスジャパン株式会社のアドバイザリースタッフとして同社主催の取り扱い代理店セミナー等で講師を務めるプロインソール成型技術者。様々な競技スポーツの運動特性を考慮した機能評価とインソール成型技術に造詣が深い。

    • Quality of balance 技巧屋(栃木県小山市) 代表
    • フランス シダス社認定 ポディアテックインソール成型技術者
  • 遠山 健太

    米国ニューヨーク州生まれ ワシントン州立大学教育学部卒。東海大学スポーツ医科学研究所の研修員として4年間、東海大学男子バスケットボール部S&Cコーチとして活動。その後、2003年に国立スポーツ科学センタートレーニング体育館非常勤指導員、2004年より全日本フリースタイルスキーチームのS&Cコーチとして、モーグル、エアリアル、スキークロスチームのトレーニング指導と、スポーツ科学と現場を結ぶコーディネーター役を担う。

    • 株式会社ウィンゲート代表取締役
    • 一般社団法人子ども運動指導技能協会理事
  • 梅村 悟

    2007年より東京厚生年金病院(現JCHO東京新宿メディカルセンター)リハビリテーション室勤務。整形外科・脳神経外科等のリハビリテーションを担当。同時期に開設されたスポーツ外来で野球選手を中心に関わり、投球障害に対する運動療法の体系化に取り組む。理学療法士。書籍「無刀流の整形外科」では下肢機能の改善の項を、「野球の医学」では成長期の投球障害の項を執筆。年内に成長期の運動器障害をテーマとした書籍を出版予定。
    2019年度から、シダスジャパン/エキスパートセミナーの講師を務める。

    • フランス シダス社認定 ポディアテックインソール成型技術者
  • 土黒 秀則

    富士通、積水科学、日立ハイテクの女子バスケットボールチームトレーニングコーチを歴任。国立スポーツ科学センター常勤指導員を経て、2007年より早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師。専門分野:ストレングス&コンディショニング

    • 日本セパタクロー協会指定トレーニングコーチ
    • 活動歴 : 松田丈志選手(ロンドン五輪 競泳銅メダリスト)専属トレーニングコーチ
  • 得原 藍

    2013年にバイオメカニクスの分野で修士号を取得、2018年春まで社会医学技術学院 理学療法科学科で専任教員を務める。3年前に第一子を出産したことをきっかけに、理学療法士の専門領域である小児の運動発達について研究、専門知識を深める。『こどもがきちんと座れる椅子』を作るワークショップを通して、こどもの姿勢や身体の発達についての啓蒙活動を行っている。

    • 東京大学大学院 総合文化研究科 博士課程在籍中
    • 理学療法士
  • 黒﨑 かおり

    上智大学英文科卒。総合商社で輸出関連部門の業務に携わった後、外国人向け医療機関に勤務。

    • 2009年 ドイツの理学療法専門学校に留学
    • 2012年ドイツの医療フットケア国家資格であるポドローギン(podologin)を取得。
    • 2013年よりバン産商株式会社とのコンサルティング契約に基づき、同社のフットケア講座の講師、ドイツ人講師の通訳等を務める。

    現在は介護施設でのフットケア業務や出張フットケアを開始するなど多岐に渡って活動している。
    ドイツ語、英語に堪能。

  • 長尾 光展

    米国クリーブランドカイロプラクティックカレッジで、カイロプラクティックを学ぶ。23年間延べ4万人以上(2016年)の臨床経験を持ち、多くの治療院で施術にあたる。これまでたくさんのアスリートへの施術やトレーニング指導、専門学校・各種セミナーの講師活動、プロダンサーやモデル・アイドル養成所などで姿勢指導やウォーキング指導などを行う。

    • カイロプラクティック学士(B.S.C.)取得
    • ナガオカカイロプラクティック代表
  • 箕形 寛之

    東京都立城東職業能力開発センター台東分校(製くつ科)卒業。義肢装具の制作、ドイツ人整形靴マイスターとのシューズリペア業務、専門学校でのシューズメイキング講師、トップアスリートへのカスタムインソール作製・シューズカスタマイズを経て、現在はフットボールシューズのリペア・カスタマイズ、販売店スタッフ向けの新商品機能解説等に従事。足部に特化した17年の実務経験を持つ。

    • (株)インター・ベル スポーツビジネスディビジョン
      adidasセクション adidas japanスーパーバイザー
    • アディダスジャパン フットボールフットウェアマイスター
  • 松尾 高司

    世界的なテニスブームだった1980年前後に学生時代を過ごし、『テニスジャーナル』で26年間、主にテニス道具に関する記事を担当し、最後の編集長を務める。試打したラケット2000本以上、試し履きしたシューズ数百足。おそらく世界で唯一のテニス道具専門のライター&プランナー。テニス専門誌で連載を持ち、メーカーWEBでテニスギアコラムを執筆。

    • KAI project 取締役ディレクター
    • テニスギアメーカー数社の企画開発・販売促進アドバイザー
  • 安生 哲也

    ランニング、アウトドア専門店からセレクトショップまで幅広い取引先を担当し、気鋭の新興ブランド『HOKA ONE ONE』の成長を牽引。大型スポーツ量販店で10年間、スポーツシューズのエリア営業統括、商品開発、店舗マネジメントを行った経験を基に、【顧客の用事解決に合わせた価値提案】を行う店舗サービスを提唱している。

    • デッカーズ・ジャパン合同会社 セールスアシスタントマネジャー

  • 杉本 亮

    デサントジャパン株式会社アンブロマーケティング部 MD課に所属。(株)デサント入社後、営業業務を経て、日本代表選手から学生とのコミュニケーションをとりながらサッカーシューズの企画業務を担当。サッカーやフットサル Fリーグでの競技経験も有り。選手が競技を長く楽しめるシューズ選びを提案している。
    現在所属しているアンブロマーケティング部ではジュニア向けを含むフットボールシューズのプロダクトマーケティングを担当しており、商品の企画から販売管理、契約選手やイベント実施など多岐を担当。Fリーグ フウガドールすみだでは、ゴレイロ(GK)としてプレー。メンバーとして、全日本選手権優勝・地域チャンピオンズリーグ優勝などを経験。

    • 日本サッカー協会指導者C級ライセンス

企業別資格取得者一覧リスト

JAFT認定 スポーツシューフィッター養成校

有資格者サポートセミナーはこちら ウェブ受講コースについて詳しくはこちら